鏡の国のバカ

しったことか

チェスタトン「新ナポレオン奇譚」を読む

滑稽だとさみなされているものの中に神聖さを見ることこそが

王権に対する真の叛逆である、というのはわからないでもない。

滑稽さは往々にして作為でありうるが

真摯な感受は作為でできるものではない。お芝居ではないのだから。

それを笑いのめし、諧謔化する精神への叛逆から

時代性の支柱になりうる作品が生じるのだとすれば

触れるものみなバターナイフで切りつけるようなこの時代に

聖化されるものはあるのか。あるとすればそれは何か。

若さはもはや聖なるものではない。それはなぜだろうか。